Oceanaとブランパン、独占パートナーシップを発表

スイスの高級時計メーカーであるブランパンが、海洋保護団体であるOceanaによる海の生態系の回復を目指す支援活動をサポートします。3年間におよぶこのパートナーシップでは、ユネスコの生物圏保存地域に指定されているメキシコのスコーピオンリーフへの調査探検も予定されています。

海洋保全を専門とする世界最大規模の国際組織であるOceanaは、その独占ウォッチパートナーにブランパンを選び、豊かな海を取り戻すためのOceanaのキャンペーンと、ブランパンによる海洋探査・保全へのコミットメントに協力して取り組んでいくことを発表しました。

Oceanaとブランパンは、このパートナーシップの一環として、2021年夏に、メキシコ湾の南に位置する世界最大級のサンゴ礁であるスコーピオンリーフへの調査旅行を予定しています。500種以上の魚類と34種以上のサンゴが生息するスコーピオンリーフは、ユネスコ生物圏保存地域に指定されており、メキシコ政府はこの地域を国立公園として定めています。最近の研究により、スコーピオンリーフは、気候変動の影響を物ともしない、健康的で多様性に満ちたサンゴ礁であることが明らかになっています。

Revillagigedo Archipelago Mexicoccaroline Ballesta

現在の生物多様性と回復力は素晴らしいとはいえ、魚の乱獲を制限するルールはほとんど存在しません。調査旅行の間、Oceanaとブランパンは水中写真と動画、eDNA分析や。

3Dフォトモザイクモデリングなどの最先端の科学技術を駆使して、このサンゴ礁とそこに住む海洋生物を記録します。Oceanaでは、これらの調査結果をキャンペーンに活用し、メキシコ政府がスコーピオンリーフの保護にさらに取り組むよう働きかけます。

Euo Oceana Juan Cuetos

Oceanaとブランパンとのパートナーシップが発表されたのは、Oceanaが毎年主催するNew York Galaでのことでした。この催しで、海洋保護に120万ドル以上の寄付が寄せられました。このイベントの大西洋スポンサーを務めるブランパンは、プライベートオークション用に「フィフティ ファゾムス オーシャン コミットメントIII」モデルを寄付しました。

Rapa expedition Manu San Feli
トップへ 戻る