ブランパンとミシュランガイドが、初のシンガポール版ミシュラン ヤングシェフアワードをマーク・タイに授与

ミシュランガイドとのグローバルパートナーシップを継続するブランパンは、ミシュランガイド シンガポール2021のサポートを務めることができ光栄です。ミシュランガイド シンガポールは、9月に発刊5周年を迎えます。この特別な機会に、有名な美食のガイドは、今年のミシュランの星を獲得したシンガポールのレストランの発表に加え、ヤングシェフアワードを初めて授与しました。

シンガポール版ヤングシェフアワードがバーチャルライブ配信の授賞式で発表され、ミシュランの星付きレストランで働き、類い希なる才能と大きな可能性を有する若いシェフ達の中から、33歳のマーク・タイが受賞しました。

2021年9月20日、マリーナベイ・サンズにあるブランパンブティックに招待されたマーク・タイ シェフには、ミシュランからの栄誉とともに、ブランパンのウォールクロックが贈呈されました。このウォールクロックは、今後、マーク・タイがシェフを務め、リシ・ナレンドラがオーナーシェフを務めるレストラン「Cloudstreet(クラウドストリート)」の厨房で時を刻みます。スリランカの伝統料理に、モダンテイストなオーストラリア料理を組み合わせたCloudstreetは、今年初めてミシュランの星を獲得しました。このグルメスポットは非常に人気があり、大胆な味の料理を取り揃えたおまかせスタイルで提供されるメニューで、オートキュイジーヌの創造の限界を押し広げることで有名です。

BLANCPAIN - 2021 MICHELIN SINGAPORE YOUNG CHEF AWARD

30年以上、ブランパンは受賞歴のある世界中の素晴らしいシェフたちと特別な絆を育んでおり、現在および過去に獲得したミシュランの星の数が100を超える友情の輪が広がっています。オートオルロジュリー(高級時計製造)もオートキュイジーヌも共に厳格な規律が求められ、ブランパンのタイムピースの品質も、グルメ料理のクオリティも、伝統や創造性がさりげなく融合しながら正確に調整されるかどうかにかかっています。時間は洗練された料理を準備する際に、極めて重要な役割を果たします。約3世紀に渡って時の忠実な管理人を務めてきたブランパンは誇りを持って、類い希なる才能を探し求めるミシュランガイドと共に進みます。

BLANCPAIN- 2021 MICHELIN SINGAPORE YOUNG CHEF AWARD
トップへ 戻る