ブランパンが香港にて、時計製造の伝統と暮らしの芸術を祝う

Share

ブランパンは先日、香港において、コンプリケーションウォッチの制作におけるその長い伝統を記念したエキシビションを開催しました。このイベントと関連して、高級料理を取り上げた2つの特別なワークショップも開かれました。高級ワインの試飲に加え、ミシュランの星を獲得した料理人フィリップ・オリコ氏が手掛けたメニューを堪能できるというもので、招待客が、熟練した時計職人と高級料理のシェフが持つそれぞれの技に、さまざまなつながりがあることを知ることができるというユニークなものでした。

ブランパンは2日間にわたって、厳選したコンプリケーションウォッチと新作モデルを展示し、2世紀以上受け継がれてきた革新と専門技術の伝統を紹介しました。ワイン愛好家と共同で開催されたファイン&レアセラー展は、エレガントで明るい雰囲気のラウンジエリアで開催され、さまざまなウォッチが、ワインのショーケースを用いたユニークな手法で主役を演じました。

まず、何名かにスピーチをいただいた後、およそ160名の著名な招待客は機械式時計の復活を支えるブランパンの歴史的役割について知る機会を得ました。ブランパンは、ムーンフェイズからカルーセル、フライバッククロノグラフ、ミニッツリピーターに至るまで、有名な伝統的複雑機構を復活させました。ブランパンのトラディショナルチャイニーズカレンダーに加え、これらすべての象徴的な複雑機構が参加者に披露され、スイスのジュウ渓谷にあるブランパンのグランドコンプリケーションの工房にて完全に手作業で行われている複雑な製造工程を、熟練した時計職人が実演しました。

その夜、招待客はブランパンにとって非常に大切なライフスタイルの世界を知る機会も得ました。ブランパンは30年以上にわたり、ガストロノミーと特別な関係を育んできました。どちらも卓越性の絶え間ない追求、丁寧な手作業、情熱、そして細心に至るまでの究極の配慮という共通の価値観を共有しているという確信が原動力となっています。この共通点を理解していただくため、招待客をワインの専門家が行うワイン学のワークショップに招待。同時に、ミシュランの星を獲得した天才シェフ、フィリップ・オリコ氏が手掛けた季節のグルメ料理も堪能していただきました。ホワイトトリュフを称賛するオリコ氏は、洗練されたさまざまな素材で作られた料理が、時計の創作とまさに同じように、高度なクラフトマンシップ、ノウハウ、そして革新的創造力と伝統への敬意の絶妙なバランスから生まれることを聴衆に伝えました。

By continuing your visit to this site you agree to our Privacy Policy, you accept the use of cookies and similar technologies that will allow the use of your data by our company, in order to achieve audience statistics and offer you related services to your centers of interest.