ブランパンのメンテナンス

腕時計がブランパンサービスセンターに届けられると、登録を行い、シリアルナンバーをもとに履歴と過去に実施されたサービス内容を調査します。到着時の状態を記録した後、時計職人に手渡され、精度や機能を含めた全体的な検査が実施されます。この検査によって必要となるサービス内容を事前に知ることができます。同時に、ケース、文字盤、針、ストラップ(ブレスレット)の状態も検査されます。検査には研磨オプションと装飾パーツの交換が含まれています。もしこの間に、ブランパンの研究開発の点においてムーブメントに改良が施された場合は、新しいテクノロジーを適用することをお客様に提案しております。

Thumbnail

オーナーからの承諾を得た後、腕時計は完全に分解され、1つ1つのパーツがクリーニング専用台の上に配置されます。そして摩耗または古くなったパーツを交換してから、腕時計は再び組み立てられて注油が施されます。すべての機能を検査して完璧な作動状態を確認した後、サービスの最終工程として品質検査を実施します。ブランパンは空気圧を利用して腕時計の防水性を検査していますが、ダイバーズウォッチについては、さらに別の防水性検査が行われています。

続いて腕時計は、あらためて全機能および精度を対象に、搭載されたパワーリザーブに応じて最長12日間に及ぶ検査が実施されます。すべての検査に合格した腕時計は、ブティックまたは正規販売店に返送された後、お客様に返却されます。

Vignette

カスタマーサービスの舞台裏

トップへ 戻る