マーク・A・ハイエック ごあいさつ

ブランパン社長兼CEOマーク A. ハイエック

世界最古の腕時計ブランドであるブランパンにとって、伝統的な時計製造を守ることは コミットメントの1つです。これは世代から世代へノウハウを継承することで実現されてきました。このため、最も重要なのは、伝統を守り続けながらも人的資源だけでなく生産設備の面でも投資を行うことです。目先の利益を追求する一部の傾向にあえて逆行したこの方針こそが、私たちに力を与え、ブランパンの長期ビジョンを示しています。

時計製造の伝統を永続させるということは、私たちの起源やルーツを知るだけでなく、革新を続けていくことです。なぜなら、革新もまた時計製造の伝統だからです。長い年月を通して、創作意欲にあふれた私たちの先駆者によって開発された数えきれないほどの複雑時計がそれを証明しています。

今日、時計業界は、タイムピースの製造、機能性、信頼性といった面で根本的に変革が必要とされる興味深い時代の真ん中にいます。いわば、時計製造の転換期で、私たちはその先頭集団に属していることを光栄に思います。可能性の限界を押し広げ、真の感動を味わい、わずかな詳細にもこだわること。そのどれもが、卓越性を追求し続けるモチベーションの源であり、原動力となっています。

過去9年の間に、ブランパンは33の新しいキャリバーを発表しました。 これは、ブランパンに関わるすべての人の優れたクリエイティブ精神の賜物です。初のトラディショナル チャイニーズ カレンダー、スプリットセコンド フライバック クロノグラフ、オートマタ付きカルーセル ミニッツリピーターをはじめ、ブランパンのムーブメントの全部品は、たとえ見えなくてもその1つ1つにエングレーバーの手作業による伝統的なノウハウに基づいた装飾が施されています。

このようにして、私たちの新作モデルは、過去だけでなく未来にも思いを馳せ、伝統と革新を両立しているのです。

マーク .A. ハイエック

By continuing your visit to this site you agree to our Privacy Policy, you accept the use of cookies and similar technologies that will allow the use of your data by our company, in order to achieve audience statistics and offer you related services to your centers of interest.