バチスカーフ に揃った三拍子

ブランパンの最高経営責任者(CEO)ジャン-ジャッ ク・フィスターがアイコニックなフィフティ ファゾムス のオリジナルバージョンを開発したとき、ひとつの使 命感に駆られました。それは本格的なダイビング用計 時機器を製作することでした。彼は2つのグループに 注目しました。 一つはアマチュアダイバーのグループ。 ただし、フィフティ ファゾムスが発表された1953年当 時、特にアマチュアダイバーによるスキューバダイビン グはまだ草創期であったことを思い出してください。フ ィスターは、当時のダイビングは今日知られているも のとは「別の世界」であったとしています。 それはあら ゆる意味で、今でいう極限のスポーツでした。彼が知 るフランスのコートダジュール沿いのダイビングクラブ (彼はそのうち5つのクラブのメンバーでした)を「真 剣な」と形容しています。 彼がターゲットにした2番目 のグループはそれと同等か、おそらくそれ以上に真剣 なプロのダイバーであり、その大部分は世界中の軍 隊に属していました。 彼らは戦闘ミッション用のダイ バーズウォッチを求めていたのです。

焦点が明確であったため、フィフティ ファゾムスに は、はっきりとした意図が現れています。サイズを大 きくして読みやすくし、黒地を背景に白い蛍光塗料 を塗布した針とインデックスを合わせました。ロック 機構付き回転ベゼルを使い、分針と反対側にイン デックスを回転させることによって潜水開始時間を マークし、分針が指すベゼルの目盛で潜水時間を 示します。特許を取得したケースバックの密閉シス テムとリューズの密閉システム、磁気遮蔽や、自動 巻も、すべて「真剣な」ダイバーたちの厳しい要求に 応えるよう設計されたものです。

こうした初期の頃には、普段使いはまったく考えら れていませんでした。特に、濁った水の中や夜間の 軍事ミッションでの使用に最適な大型サイズのフィ フティ ファゾムスは、当時の流行に反していました。 当時のメンズウォッチは直径33mm以下でしたが、 フィフティ ファゾムスは40mmを上回る大きさでし た。フランス海軍に新設された戦闘潜水部隊の隊 長であり、チャーチル戦時特殊部隊「特殊作戦執 行部(SOE)」で受勲した英雄ロベール“ボブ”マルビ エ大尉が、納入事業者候補であったフランスのLIP 社の時計をテストした時の経験を次のように回顧し ています。彼の言葉を借りると「おおよそ爪のサイズ で、細くて素敵な白いストラップが付いている」時計 では読み取りが不可能で、しかもひどい水漏れが ありました。この経験が、1953年にマルビエ大尉を ブランパンに導きました。フィフティ ファゾムスが彼 らの軍事任務に完璧に適していることが分かり、フ ランス海軍のダイバーズウォッチとしてブランパン の採用を決めました。

Bathyscaphe Vintage - Blancpain

フランス海軍に選ばれ、またフィフティ ファゾムスが 一般向けに発表されてから3年後の1956年、フィス ターはビジョンを広げ、普段使いにもダイビング用 にも使える時計を設計しました。彼はそれを仲間の スイス人オーギュスト・ピカールの記録破りの深海 探査艇にちなみ「バチスカーフ」と名付けました。フ ィフティ ファゾムスを傑出したものにし、世界で初 めてのモダンダイバーズウォッチとしての地位を固 めた重要な特徴は、ひとつを除いてすべてバチスカ ーフに受け継がれました。初期のモデルとバチス カーフの大きな違いはサイズです。直径の小さいバ チスカーフは普段使いのタイムピースに相応しく、 細い手首に合う適度な大きさの時計を求めていた 女性ダイバーにもマッチしました。

直径を小さくしたバチスカーフはより多くの人に愛 されましたが、それはフィスターのビジョンをかなえ る第一歩に過ぎませんでした。彼は次のステップと して、日付の複雑機構を導入すれば普段使いの時 計の魅力が増すだろうと考えました。フィスターは ブランパンの実権を握っていた30年あまりの間に、 日付表示窓だけでなく、曜日表示を追加したバチ スカーフも開発しました。 ダイバーズウォッチの血統を十分に守りながら、日 常使いに適する複雑機構と組み合わせるというフィ スターの考えは、ブランパンでは今なお健在で す。2018年、ブランパンは新しいバチスカーフを3つ 発表しました。それぞれがスポーツ用ダイバーズウ ォッチの伝統はそのままに、実用的な複雑機構を 備えています。

Blancpain US Navy Bathyscaphe
Blancpain Bathyscaphe

バチスカーフの伝統には
様々なサイズ展開も含まれています。

Blancpain Bathyscaphe - 70s

バチスカーフ デイ・デイト 70s

1970年代に、ブランパンはその曜日・日付カレンダ ーのための複雑機構を搭載するだけでなく、デイリ ーウエアと70年代ファッションの世界に大きく傾倒 したクッション型ケース、そして標準型外部回転ベ ゼルの代わりに文字盤の内側で回転するリングを 採用したバチスカーフを発表しました。その文字盤 も、当時のテイストに沿って、フィフティ ファゾムス モデルのブラックの代わりにグレーグラデーション を採用しました。このヴィンテージ バチスカーフは、 限定版の新作バチスカーフ デイ・デイト 70sにイン スピレーションを与えました。

クッション型のケースを除いて、この1970年代モデ ルの美意識を表すコードはすべて新しいバチスカ ーフに踏襲されています。オリジナルに忠実に、曜日 と日付は3時の位置に一緒に表示されます。同様に、 スモーキーグレーグラデーションを採用した文字 盤が引き継がれています。1970年バージョンでは、 外部回転ベゼルの代わりに、2つ目のリューズで制 御される、文字盤の外周に配された回転リングが 用いられました。外部回転ベゼルはリューズで操作 するインナーリングよりも使いやすく、新しいモデル は文字盤上に固定しているとはいえ、大胆な5分刻 みのミニッツマーカーを配してヴィンテージリング のルックスを備えています。現代のすべてのフィフティ ファゾムスそしてバチスカーフと同様に、リキッドメ タル®の目盛を配したセラミックインサートの逆回転 防止ベゼルが潜水時の計時機能を保証します。針 と文字盤のインデックスの形状は1970年代のバチ スカーフと同じです。 もちろん、この新しいヴィンテージ復刻版モデルの ムーブメントは、自社製自動巻キャリバー1315を搭 載し、完全にモダンなブランパンのタイムピースで す。このムーブメントは3つの主ゼンマイが収められ た香箱を備え、5日間のパワーリザーブを実現して います。ヒゲゼンマイにはブランパンの先駆的なシ リコン加工技術が用いられています。シリコンは非 磁性で磁気に対する耐性を備え、しかも既存の Nivarox社製のヒゲゼンマイと比較して高精度の計 時機能を持っています。シリコンを使用することで、 ヒゲゼンマイを磁気から保護するための軟鉄製イ ンナーケースを必要とせず、サファイアケースバック にすることが可能であるという付随的な利点もあり ます。ゴールドの巻上げローターはNAC(プラチナ 合金)コーティングされており、スポーツウォッチら しいダークグレーを生み出します。 直径43mmのこのタイムピースの歴史的精神は、ヴ ィンテージスタイルのレザーストラップとクラシック なタングバックルでさらに強調されています。バチス カーフ デイ・デイト 70sは500本限定です。

バチスカーフ コンプリートカレンダー

新作バチスカーフ コンプリートカレンダーは、ブラン パンの2つのシグネチャーアイコンのマリアージュで す。一つ目はもちろん、半世紀以上の歴史を持つバ チスカーフそのものです。そのレガシーが今回、 40年近い独自の伝統を持つブランパンのクラシッ クな、コンプリートカレンダー ムーンフェイズと融合 しています。

Blancpain Caliber 1315 - Bathyscaphe

クォーツショックが猛烈なピークを迎え、安価なク ォーツ時計の氾濫が伝統的なスイス製機械式時 計のメゾンに壊滅的な打撃を与えていたとき、ブラ ンパンは生き残りをかけて、クォーツと価格を競い 合うのではなく、高級時計製造の価値観、感覚、そ して精神を体現する複雑機構で闘うべく立ち上が りました。1980年代の初めに最初に取り組んだの はコンプリートカレンダー ムーンフェイズモデルで した。表示は非常にクラシカルで、曜日と月は表示 窓に、日付はインデックスに隣接する目盛上に補足 針で示されます。ムーンフェイズは6時位置の表示 窓に配されています。マニュファクチュールの象徴と なったこの文字盤の配置は、ブランパンの愛好家 にとって馴染み深いもので、ヴィルレ、そしてレディ スのいずれのコレクションでも多くのモデルに採用 され中核をなすものです。

バチスカーフの普段使いの魅力を広めるのに、この 伝統的なカレンダー表示以上によい方法があるで しょうか。ブランパンのカレンダー ムーンフェイズは 80年代初頭に発表されて以来、最新技術を導入し てきました。ディスプレイの心臓部にあるカレンダー プレートに加えられた重要な変更の1つは、新しい 安全機構です。時計の世界では、一般的に複雑な カレンダーの表示は、設定または調整のできない 特定の時間帯があります。これらの設計では、メカ ニズムが日付を変更している最中に手動調整を試 みるとムーブメントが損傷を受ける重大な危険性 があります。このため業界全体で、調整が禁止され ている時間帯をユーザーに警告することでこのリス ク回避を促してきました。ブランパンはこの対応策 に満足していませんでした。特に調整しても破損の 危険がない午前10時と、その逆に破損の恐れがあ る午後10時の違いを時計の持ち主が混同する可 能性があったからです。ブランパンの見つけた答え は、安全なカレンダーの開発でした。日付の自動変 更の途中で手動設定または調整を行っても、破損 の危険性はありません。持ち主が調整を行うときに はいつでも日付の自動変更用の部品が解除され、 損傷から完全に保護されます。こうした安全性を実 現するためにより多くの部品が必要になるため、カ レンダーの複雑さが大幅に増しますが、持ち主にと っての利点は非常に大きいのです。新しいバチスカ ーフで使用されるコンプリートカレンダー ムーンフ ェイズは、ブランパンの先駆的なデザインに基づい て構築されています。

Blancpain bathyscaphe Quantième complet

カレンダープレートは、ブランパンの自社製キャリバー 1150をベースにしています。これは72時間のパワー リザーブを可能にする2つの主ゼンマイが収めら れた香箱を備えたムーブメントです。ブランパンの あらゆるムーブメントと同じく、ヒゲゼンマイはシリコ ン製です。 バチスカーフ コンプリートカレンダーの他の要素 は、バチスカーフ コレクションの核となるDNAに忠 実です。サテン仕上げを施したステンレススティー ル製ケースは直径43mmで、セラミックインサートと リキッドメタル®の目盛りを施した逆回転防止ベゼ ルを備えています。蛍光塗料を塗布したインデック スと針を備えた文字盤はメテオグレーで、3針モデ ルと同じスタイルです。セイルキャンバス ストラッ プ、NATOストラップまたはステンレススティール製 ブレスレット付きのバージョンがあります。

バチスカーフ アニュアルカレンダー

アニュアルカレンダーは、時計製造における最も実用 的な複雑機構のひとつです。30日または31日という月 ごとの日数の違いが自動的に考慮されるため、パーペ チュアルカレンダーの全機能とほぼ等しくなります。ア ニュアルカレンダーには1年に1回のみ調整が必要で す。2月末に所有者がカレンダーを3月1日に進める必 要があります。年に1回限りの操作以外は、アニュアル カレンダーの複雑なメカニズムでは、月ごとの日数の 異なりが完全にプログラミングされ解決されています。

Blancpain Bathyscaphe Quantième annuel

すべてのアニュアルカレンダーが同じように作られてい るわけではありません。現在バチスカーフに搭載され ているブランパンのアニュアルカレンダーのデザイン は、高級時計製造の世界でもユニークなものです。カ レンダーは自動的に日付、曜日を調整するとともに、真 夜中をまたいで時間が逆方向に調整されるときには、 必要に応じて月を逆方向に調整します。この機能は、 時計業界で製造される他のアニュアルカレンダーには 備わっていません。この非常に高度な機能は、アニュ アルカレンダー自体の複雑さに追加された複雑機構 にほかなりませんが、所有者がバチスカーフを着用し て旅をするとき、真夜中をまたいで時間を逆方向にリ セットしたい場合に特に役立ちます。 アニュアルカレンダーはまた、その表示のロジックで 際立っています。曜日、日付、月は文字盤の2時から4時 位置に配された小窓にそれぞれ表示されます。時計 の世界で見られる他の製品と一線を画す配列順序 で、曜日は2時、日付は3時、月は4時に表示して視認性 を高めています。 新しいバチスカーフ アニュアルカレンダーのその他の 機能と要素(ベースムーブメント、ケース、サイズ、文字 盤の色、針、ベゼル、ストラップの選択肢)はコンプリー トカレンダーと同じです。

Blancpain Fifty Fathoms - Trio Batyscaphe
トップへ 戻る