年表

Thumbnail
  • Thumbnail

    1735 年

    ジャン=ジャック・ブランパンがヴィルレ村民名簿に時計職人として登録されます。彼は自らの名を冠したメゾンの創業者となり、その後およそ200年に渡り一族によって代々継承されることとなります。

    1735
  • Thumbnail

    1815 年

    ジャン=ジャックの孫フレデリック=ルイ・ブランパンがヴィルレのアトリエを近代化させます。彼は時計の脱進機を新たに設計して超薄型構造を開発します。

    1815
  • Thumbnail

    1830 年

    フレデリック=ルイの息子フレデリック=エミール・ブランパンが会社の名称を「時計製造所エミール・ブランパン(Fabrique d’horlogerie Emile Blancpain)」とし、ヴィルレ最大の時計のマニュファクチュールの建設に着手します。

    1830
  • Thumbnail

    1859 年

    ルイ=エリゼ・ピゲがヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)に時計のアトリエを開設します。彼が改修を行ったル・ブラッシュの古い風車小屋には、現在ブランパンの複雑時計およびメティエダールのアトリエが入っています。彼は自らの名声によって、ジュネーブやスイス国内の一流メゾンに複雑機構を搭載したムーブメントを供給するようになります。

    1859
  • Thumbnail

    1932 年

    ブランパン創業家7代目のフレデリック=エミール・ブランパンが亡くなり、長年彼を支えてきたベティ・フィスターに会社が託されます。彼女は一流の時計製造会社で初の女性CEOに就任します。

    1932
  • Thumbnail

    1950 年

    ベティ・フィスターに甥のジャン=ジャック・フィスターが合流してブランパンを率います。その後彼らは、ベティが退職するまで20年に渡り共に力を合わせます。

    1950
  • Thumbnail

    1961 年

    ブランパンは、オメガ、ティソ、レマニアを傘下とするSSIH(Société Suisse pour l’Industrie Horlogère)と合併します。ブランパンは自らの名を冠した時計の製造に加え、SSIHグループのムーブメント製造拠点となります。

    1961
  • 1982 年

    ルイ=エリゼ・ピゲが築いた家族経営の後継者となったジャック・ピゲがブランパンを買収し、フレデリック・ピゲムーブメントを製造する時計のメゾンとします。翌1983年、ブランパンはスピンオフし、ジャック・ピゲがジャン=クロード・ビバーをブランパン経営委員会の副会長として迎え入れます。フレデリック・ピゲとブランパンは、2010年の正式な統合まで経営を共にします。

    1982
  • Thumbnail

    1992 年

    ジャック・ピゲが、後にスウォッチグループとなるSMH(Société suisse de Microélectronique et d'Horlogerie)にブランパンとフレデリック・ピゲを売却します。

    1992
  • Thumbnail

    2002 年

    マーク A. ハイエックがブランパン社長兼CEOに就任。

    2002
  • Thumbnail

    2010 年

    フレデリック・ピゲ社がブランパンに完全統合される。

    2010
Thumbnail
トップへ 戻る