ヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)

Thumbnail

高級時計発祥の地

時計史において、ヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)ほど重要な地域は他にありません。フランスの国境沿いでジュラ山脈に位置するヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)は、数世紀前にマイクロメカニクスを専門としていました。大雪の影響で都市部から孤立する厳しい冬の間、農家の人々は時計の部品を製造していました。誰もが、自然光の降り注ぐ作業台に向かって作業に精を出していました。時の経過とともに、時計職人たちはそれぞれの才能を磨き、専門知識を豊かにし、部品の製造からコンプリケーションの製作までを手掛けるようになりました。実際、18世紀半ばごろまでに、ヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)の時計職人は、スイス(特にジュネーブ)のウォッチブランドから最高級コンプリケーションウォッチの製作を依頼されるまでの名声を得るほどになっていました。

この時代、ヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)の時計職人たちはエボーシュと呼ばれるパーツを供給していました。このパーツはコンプリケーションを搭載したムーブメントで、各ウォッチブランドはそのパーツに装飾を施し、ケース、文字盤、針を取り付けた後、それぞれのブランド名で販売していました。これらのウォッチブランドは、まるで時計の生みの親のように振る舞い、今日もなお自らの遺産として誇示していますが、ムーブメントはヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)で作られているのです。有名なムーブメントの多くは、ブランパンの一翼を担うルイ-エリゼ・ピゲ社で製造されました。今日ヴァレ・ド・ジュウ(ジュウ渓谷)では、多くの人々が何世代にも渡って時計製造の分野に関わりを持ち、この地域の伝統に敬意を表しながら時計製造を継承しています。1859年、ル・ブラッシュに遺産部門を設立し、1891年にアトリエを開設したブランパンはこの地域に深い愛着を抱いています。

Thumbnail
トップへ 戻る