ブランパン – レディスウォッチ製造の歴史におけるパイオニア

Thumbnail

ブランパンがレディスウォッチ製造の伝統を祝福

レディスウォッチに関して、ブランパンは間違いなくその実力において高い評価を得ています。女性が専門技術や機械式時計の魔法の真価を十分に理解できると確信していたブランパンは、1930年から現在まで、マニュファクチュールから世に送り出されてきた多数の最先端技術によって証明されるように、レディスウォッチの歴史においてパイオニア的役割を果たしてきました。 

ベティ・フィスターは、彼女の意志力と先見の明によって、1933年にスイスの時計製造会社のCEO兼オーナーに就任するという挑戦に立ち向かいました。世界恐慌の期間中も彼女は粘り強く努力を続け、彼女のダイナミックな方針による成功がいかに大きいかを示す、数々の決定を下しました。彼女は、ブランパンのジュエリーウォッチ製作への道を開き、マニュファクチュールの国際的な名声を高めることに貢献しました。 

Thumbnail

ロールス

1930年、ブランパンは世界初の自動巻レディスウォッチ「ロールス」を製作しました。このタイムピースのほっそりとした女性らしい形に合わせて、ブランパンは機構を巻き上げる独創的なスライディングシステムとともに、15石の自動巻ムーブメントをデザインしました。現在では非常に人気が高いコレクターズウォッチとなっている、極めてコンパクトな傑作です。

レディバード

続いて1956年には、当時最小の丸型ムーブメントを搭載した「レディバード」を発表しました。当時の流行に合わせて機械式時計の部品を小型化するため、ブランパンの時計職人には卓越した創造性や独創性が要求されました。「レディバード」は発表と同時にセンセーションを巻き起こし、その結果は彼らの努力に十分に報いるものでした。

Thumbnail

ムーンフェイズ

1980年代初期、ブランパンは様々な複雑機構をアップデートすることによって、伝統的な時計製造に真のルネサンスをもたらしました。その中でも、ムーンフェイズ表示が非常に特別な役割を果たすことになりました。ムーンフェイズはマニュファクチュールの象徴となり、微笑んだ月の顔によって、徐々に他のブランドと一線を画していきます。2006年にウーマン コレクションが発表されて以来、女性用ムーンフェイズモデルの月にはすべて、星の形の美しいほくろが配された女性の顔が描かれているのです!

Thumbnail
Thumbnail
トップへ 戻る