ブランパン GTシリーズ 2017受賞式と SROモータースポーツ・グループ記念式典

Share

1124 2つの式典がパリで開催されました。まず午後に行われたのが、ブロンニャール宮殿でのドライバーやチームのシーズンを通した成績を称える毎年恒例の式典。そして、夜に開催されたイベントは、GTレースの25周年を記念するもので、過去四半世紀におけるGTのレーサー達が招かれました。

SROモータースポーツ・グループ史上、もっとも活気のあるシーズンであったブランパンGTシリーズ2017受賞式のために、約500名がパリにあるブロンニャール宮殿のグランドオーディトリアムに集いました。特筆すべきは、いくつもの主要大会が開催されているバルセロナで行われた今年最後となるヨーロッパ戦で、168台という史上最多数の車が参加しました!

イベントの中で、プロカテゴリーの8名の優勝ドライバーには、この日のために特別に刻印が施されたブランパンL-エボリューション フライバック クロノグラフが贈呈されました。ル・ブラッシュに本拠地を置くマニファクチュール ブランパンは、ブランパンGTシリーズの出場者を大いに称え、2018年に彼らと再び歓喜を共にすることを楽しみにしています。

 

活気あふれる一夜

GTレース25周年のイベントが、パリにあるブロンニャール宮殿で開催され、800人以上が出席しました。出席者には、ドライバーやSROモータースポーツ・グループの創設者兼CEOであるステファン・ラテルなど過去半世紀のGT界で重要な役割を担った人々が含まれていました。ゲストは順番に、このスポーツに関わる素晴らしい秘話を披露してくれました。

そして、ゲスト1人1人に「アニバーサリーブック」が贈られ、ディナーは締めくくられました。贈呈された本の中では、ブランパン社長兼CEOであるマーク・ハイエックが、ブランパンとSROモータースポーツ・グループとの繋がりについて語っています。「事実、ブランパンはただのスポンサーではなく、この新たなチャンピオンシップを創り、ルールを定義するためにステファン・ラテル氏と手を取り合い尽力したパートナーなのです。このパートナーシップは継続され、そのチャンピオンシップは毎年進化をとげるでしょう。その目的は車にロゴを載せることだけではなく、自動車業界全体に感動をもたらすGTレースを創ることなのです」