バチスカーフに新しいフライバッククロノグラフが登場

このページをシェアする

1950年代末に日常生活でも使えるサイズのダイバーズウォッチを提供したいという 願いからブランパンが生み出したバチスカーフは、2013年に新たな解釈で生まれ変 わりました。水中でも、お洒落な都会のシーンでも、同じようにその場にマッチし て性能を発揮するバチスカーフ。今年のモデルには、フライバッククロノグラフ機 能を備えた新しい自動巻きのF385ムーブメントが搭載されています。

新しいフィフティ ファゾムス バチスカーフは、マニュファクチュール・ブランパン が製造するムーブメント直径31.80mm、毎時36,000振動の新型ムーブメントを搭載し ています。このムーブメントにはコラムホイール・クロノグラフ・メカニズムと垂直 クラッチが採用されています。また、4時の位置にあるプッシャーを押すだけでクロ ノグラフのリセットと瞬時のリスタートができるフライバック機能があり、一連の時 間計測を迅速に行える点が非常に便利です。さらに、防水のクロノグラフプッシャー は深さ300 mの水中でも時計に一切支障をきたさないすぐれものです。このダイバー ズウォッチにはサファイアクリスタルのケースバックを採用していますが、これはシ リコン製ヒゲゼンマイを採用したことではじめて可能になりました。シリコンは磁場 の影響を受けない素材なので、時計内部のファラデーケージをなくせるのです。シー スルーバック越しに、NAC(プラチナ合金)をまとった18Kのローターと、そのロータ ーに刻まれたブランパンのロゴを眺めることができます。

このバチスカーフは、フィフティ ファゾムス コレクションの主要な技術的特性をす べて維持しつつ、美学の面ではオリジナルのバチスカーフが持っていた独特の格式を 継承しています。ドーム状の黒い文字盤には数字がひとつもなく、直線とドットだけ でアワーマーカーが記されており、日付は4時の位置の小窓に現れます。サンバース ト仕上げの文字盤とスネイル仕上げのクロノグラフカウンターが全体の印象に深みを 与え、長方形の針は1950年代のバチスカーフモデルに使われていた針を彷彿とさせま す。セラミック製の逆回転防止ベゼルのアワーマーカーはリキッドメタル®(特許取 得のアモルファス合金)で充塡され、セラミック製ベゼルとの密着性も完璧で、耐摩 耗性がいっそう向上しました。さらに、重要な部分に塗布されたスーパールミノヴァ 夜光塗料がダイビング中の完璧な視認性を保証します。

この直径43 mmの新しいバチスカーフには、サテン仕上げのブラックセラミックに黒 い文字盤とサテン仕上げのスチールにメテオグレーの文字盤という2つのバージョン が用意されています。すべてのモデルに、NATOファブリックあるいはセイルキャンバ スストラップが付いています(どちらも、水中での使用に最高に適した極めて丈夫な 素材です)。スチールバージョンには、バチスカーフとしては初のメタルブレスレッ トのモデルもあります。