星のシャワー

このページをシェアする

世界で最も多くの「星」を与えられたシェフはしばしば、地元の食材を探し求めて地方を訪れます。しかし今回、シェフは全く違う理由で、スイスのル・ブラッシュ (Le Brassus)という村にあるもう一つ別のファームであり、 ジョエル・ロブション (Joël Robuchon)氏の共感を呼ぶ、美食から全く別の領域である製作所のオート・オルロジェリ・ブランパン(Manufacture de Haute Horlogerie Blancpain) を訪問しています。


Franck Giovannini, Philippe Rochat, Frédy Girardet, Benoît Violier, Joël Robuchon, Alain Delamuraz & Eric Bouchenoire

現在の美食ブームのかなり前に、ブランパン (Blancpain) はクリシエ (Crissier) のオテル・ド・ヴィル・レストラン (Hôtel de Ville Restaurant) のシェフであるフレディー・ジラルデ (Frédy Girardet) 氏と密接な関係を築きました。この出会いは、高級ガストロノミーと伝統的な時計製造の間に明確な関連性があるという、親密な信念の誕生を記録しました。時計職人と料理人はともに、信頼性と完璧を求め続けるスピリットで、わずかな調整を⾏いまた、伝統および独創性の間の微妙なバランスを達成し、職人の技と精密さに対する共通の情熱を育んでいます。

フレディー・ジラルデ氏、ポール・ボキューズ (Paul Bocuse) 氏、ジョエル・ロブション(Joël Robuchon) 氏が1989 年ゴー・ミヨ(Gault et Millau)誌による「キュイジニエ・ド・シェークル (Cuisiniers du siècle)(世紀のシェフ)」にノミネートされた際、ブランパンは彼らに特別な手彫り時計を授与し、敬意を表しました。ボキューズ·ドール氏と⻑期にわたる親交があり、スイスの選考プロセスは今もなお、フレディー・ジラルデ氏や後継者のフィリップ・ロシャト氏、続いてブノワ・ヴィオリエ (Benoît Violier) 氏と強い友情でつながり、ル・ブラッシュ (Le Brassus) からの製造業者は現在、ジョエル・ロブション氏との関係を確⽴することを誇りに思っています。

ジョエル・ロブション氏の美食における最初のステップは⾒習い、次いでコンパニオンとして始まり、同氏がちょうど29 歳の時、コンコルド・ラファイエット・ホテル (ConcordeLafayette Hotel) の料理を担当しました。同氏は「メイユール・ウーヴリエ・ドゥ・フランス (Meilleur Ouvrier de France) (フランス最高の職人) 」に賞が設⽴された1976 年および1981 年に選ばれています。ロブション氏は「ル・ジャマン (Le Jamin) 」をオープンし、3 年間で、ミシュラン3 つ星を獲得しました。同氏は1987 年の「シェフ・オブ・ザ・イヤー (Chef of the Year) 」に続いて、1989 年に「世紀のシェフ (Chef of the Century) 」の称号を与えらました。1994 年には、ロブション氏の名を冠したレストランが「世界のベストレストラン」にノミネートされました。料理をより身近なものにしたいと希望し、その後、いくつかのテレビ番組でも取り上げられました。これと並⾏して、ロブション氏の旅は、親しみやすい雰囲気の中で質の高い食材の使用をベースとした料理を推進する「 L' Atelier Joël Robuchon(ラトリエ ・ジョエル・ロブション) (料理ワークショップ)」のオリジナルの構想を練るインスピレーションを提供しました。 2003 年にパリと東京に同時にオープンした 「アトリエ (Ateliers) 」の成功は、高級ガストロノミーの伝統を大幅に変え、ジョエル・ロブション氏がさらに構想を練る契機となりました。選択およびシェフ育成の才能のおかげで、同氏は現在、ミシュラン・ガイドで28 以上の「星」を獲得し、世界で最も多く星を獲得した料理人となっています。

Joël Robuchon


Joël Robuchon, Brigitte & Benoît Violier

Alain Delamuraz, Joël Robuchon, Frédy Girardet & Philippe Rochat

卓越性、ノウハウ、正確なジェスチャー、情熱的で細部まで⾏き届いた職人、親しみやすさおよび知識移転に対する追求:素晴らしいフランス人シェフはブランパンに、料理に取り入れた価値観と原則を自然に認識しています。この共通する哲学を称賛し、ル・ブラッシュルからの製造業者とジョエル・ロブション氏は、それぞれの芸術や共通の価値観を推進するために⼒を組み合わせています。

この推進は、ブランパンが高級ガストロノミーに提供してきた⻑年の支援において成功を収めた結果です。また製造業者とクリシエのホテル・ド・ヴィルからの3 世代シェフが結ばれた友情関係よりも、忠誠で優れたデモンストレーションは他にありえますか?ジョエル・ロブション氏とのランデブーはまた、まさにブノワ・ヴィオリエのテーブルで出会える機会です。ジョエル・ロブション氏は1996 年に、フレディー・ジラルデ氏に若い有望な才能をすでに示唆し、すぐに必要不可欠な存在となりました。ジラルデ氏は1年後にフィリップ・ロシャト氏に施設を譲渡した際、フランスに戻ることに疑いの余地はありませんでした。15年後の2012 年に、同氏はホテル・デ・ビル (Hôtel de Ville) の料理を担当しました。


Frédy Girardet & Joël Robuchon

ジョエル・ロブション氏、フレディー・ジラルデ氏 、フィリップ・ロシャト氏、ブノワ・ヴィオリエ (Benoît Violier) 氏、ミシェル・トロワグルサンド・マルク·エーベルラン(Michel Troisgrosand Marc Haeberlin) 氏だけでなく、ダニエル・ヒュム (DanielHumm) 氏とクロード・ボシ (Claude Bosi) 氏および何万という読者に喜ばれる美食、最高のワイン、地元の食材に関する記事を扱う「レター・フロム・ル・ブラッシュ (LettersFrom Le Brassus) 」誌に起因するものも含めた、世界中の最高のシェフとの特権的な関係を通じて、合計100 以上の「星」を獲得しています。製造業者はこれまで以上に情熱、信頼性および感性のトリプティックが、高級時計や高級ガストロノミーの共通の基盤を構成することを確信するコミットメントを追求しています。