ブランパンはニュルブルクリンクのサーキットに変革をもたらし続けバレンティーノ・ロッシをブランパン耐久シリーズに迎え入れる

このページをシェアする

ある週末に、ブランパンはブランパン耐久シリーズ第5戦の招待客をドイツのニュルブリクリンクの伝説の道筋に招待しました。ル・ブラッシュ・マニュファクチュアは、主たるスポンサーであり公式タイムキーパーでもありますが、レーシングドライバーの中に当社の社長兼CEOのマーク・A・ハイエクとバレンティーノ・ロッシを擁しています。高級時計と高度自動車技術の双方の世界が信頼性と揺ぎ無さという共通した価値観によって結びつけられたのです。

ブランパン耐久シリーズは二シーズンの間にGT レース界の標準になり、このドイツでの試合に50台ほどの車が申し込んだことからも今一度人気が拡大していることが証明されています。モンザにおける初めての参加に続いて、さまざまのモーター世界のチャンピオンとして、バレンティーノ・ロッシがGTの世界を知るために戻ってきました。土曜日の最初の試運転の後で、“イルドットーレ(Il Dottore、学者)”としても知られるこのイタリア人は、自分の初感動を競技相手であるマーク・A・ハイエクと分かち合いました。

二日間に渡って、展示会でブランドの注目モデルをお披露目した一方で、時計職人が組み立て行程のデモンストレーションを実施しました。ブランパンはまた、招待客に運転の様々な体験をする提案をしました。レースのシミュレーターを使ってみたり、《ドライビング・アカデミー》によってプレステージ・ランボルギーニのハンドルを握ってみたりということです。レースの中心にいるために、VIP一行は有名な“グリッドウォーク”に参加し、タイムキーパールームを訪れ、ピットストップ時にブランパン-ロイター・チームによってなされる動作の詳細の立会人となりました。

バレンティーノ・ロッシやエロル・サンダーなどのセレブリティな出席者にユニークな体験をプレゼントするために、ブランパンは耐久レースの本陣であるノルドシュライフェの名高いサーキットでランボルギーニ・ガヤルドを運転して回る企画をしました。22km以上の走路はアイフェルの山々を横切るもので、その複雑さから“緑の地獄”という呼び名で知られています。 

モーター音のブルンブルンが済むと、時計のチックタックという規則正しいリズムと共に、山並みには静けさが戻ってきました。