ブランパンのアンバサダー、ジャンルカ・ジェノーニがフリーダイバーの世界記録更新

このページをシェアする

ラパッロの公証人立会いの下にコードの長さを公式に計測確認した後、ジャンルカ・ジェノーニは彼の忠実なる時計500 Fathomsを装着してグラン・ブルーの深淵に新しい記録を探しに出かけました。9月28日のこの朝、電気スクーターに後押しされて、160メートル到達を証明する小型プレートを手に、彼は数分かかって浮かび上がりました。 

セレモニーは港でジャンルカ・ジェノーニとラパッロの公証人の間でスタートしました。市の印璽がコードの端に押され、それからこのコードが規則通りの160mである証を最終的に獲得するために慎重に計測されました。船上では、それからは集中とリラックスがキーワードで、ジェノーニが自分の時計に最後に一瞥をくれて海に潜るまで続きました。1000m防水で、彼の 500 Fathomsは減圧バルブを装備しており最も薄暗い深淵部において広い視界を確保しています。彼のスクーター Suex Xk1が彼を例の小型プレートを探しに連れて行ってから水面まで上昇させるには3分41秒しかかからなかったことでしょう。 

「限界を超えて行く」これがブランパンとジェノーニのユニットのスローガンです。新しい記録を達成するために辿る行程、あるいは新しいキャリバーを開発するのは地道な仕事です。ジェノーニは1996年に最初の記録と共に自分の夢を実現するのですが、当時は106mの潜水で重さを変える事による特別なしくみを用いました。今日、このイタリア人は18個の記録を保持しています。過去7年の間にル・ブラッシュ・マニュファクチュアは22を下回らない新しいキャリバーを開発しました。新たなる挑戦の絶え間ない探求ということです!