GMTアラーム

最も実用的な複雑機構が、世界を旅する人々の理想のパートナーに。

腕時計に搭載されたこの機能は、設定時刻にアラームを鳴らし、

旅行の際に役立ちます。

この複雑機構は、1時間単位でアラームを設定することができます。目覚まし時計のように便利なアラーム機能は、仕事や約束の時間をプログラムしてお使い頂くことも可能です。

2本の針を備えた3時位置の12時間計は、アラームの設定時刻を表示しています。8時位置のプッシュボタンを1回押すと、コラムホイールを通じてアラームが有効になり、1時位置の«on-off»インジケーターでアラームの作動状態が一目で分かるようになっています。アラームは、ハンマーがゴングを打つことで音を鳴らします。

極めて機能的なブランパンのアラーム時計は、GMT複雑機構という、21世紀の旅行者にとって大変便利な、機械式アラーム機能と第2タイムゾーン表示の2つの複雑機構を融合させています。また、前後どちらかに回して行う日付修正は、第2タイムゾーンと連動しています。

ブランパンのGMTアラームモデルは、中央に配された針が、24時間目盛り上で基準時刻を示します。また、アラームの時刻は、主針の時針と分針で示される第2タイムゾーンと連動し、訪問国の時刻を表示します。

アラームを搭載した時計は2つの香箱を必要とし、1つはムーブメントに、もう1つはアラームに必要なエネルギーを供給しています。ブランパンのアラーム時計に搭載された自動巻き機構は、ムーブメントとアラームのパワーリザーブを同時に巻き上げます。