カルーセル、ミニッツリピーター、クロノグラフ 素晴らしき「ル・ブラッシュ」トリオ

フライング カルーセル とカルーセル

ミニッツリピーターのモデルでいくつもの

「世界初」を実現してきたマニュファクチュール・

ブランパンは、新たに世界で初めてこのふたつの

複雑機構に自動巻きバージョンのフライバック・

クロノグラフを合体させ、自社にふさわしい

"芸術的時計製造の頂点"の座を盤石なものにしました。

これほどまでに複雑なモデルを製造できる時計ブランドは数えるほどしかありません。自社でそれらのムーブメントを開発できるブランドはさらに稀です。3つの機構を組み合わせたル・ブラッシュ・コレクションの新作は、ブランパンならではの特別な複雑機構が最大の特徴です。まず、2008年にブランパンが復活させて改良した極上のメカニズムであるカルーセルは、有名なワン ミニット フライング カルーセルとして登場しました。

次がミニッツリピーターです。ブランパンはリピーターメカニズムの音色を最高にするために研究を重ねてきました。このモデルのカテドラルゴングは、すばらしく質の高い音色が出るようにムーブメントの周りを1周半するのに十分な長さのブレードを有しています。また、カテドラルゴングをケース内で固定することで音の伝達を最適にしています。この方式により、驚くほどの音量と音色の鮮明さが実現されています。ムーブメントから生じるバックグラウンドノイズを抑えるためにフライングガバナーを用いたことも、音色の透明さを高めるための最新の改良点です。さらに、ムーブメントへのダメージを避けるため、リピータースライドが起動するとこのシステムがリュウズ調整システムから自動的に切り離されます。

第3の機能であるクロノグラフも、やはりブランパンの古典的な遺産が受け継がれています。クロノグラフは短い時間の測定では右に出るものがないとされ、特に、瞬時にリスタートするフライバック機能(歴史的にはパイロットたちに使われてきた機能)を備えていれば鉄壁の仕様です。4時の位置にあるプッシャーを押すだけで、最初のタイム測定を続けたまま新しい測定をリスタートさせることができます。また、ブランパンのクロノグラフに繰り返し搭載されてきた象徴的な特徴であるコラムホイールと垂直カップリングクラッチが、この機能の正確無比な起動を保証しま す。30分カウンターをキャリバー中央に置くという独特の配置のオリジナルバージョンは、ブランパンのムーブメント設計技師がいかに高度な時計製造技術を持っているかを物語っています。この新しいクロノグラフの究極の使いやすさは、内部の機構の究極の複雑さと好対照といえます。

関連モデル カルーセル、ミニッツリピーター、クロノグラフ 素晴らしき「ル・ブラッシュ」トリオ

2358-3631-55B