アニュアルカレンダー

この非常に便利な複雑機構は、

月ごとの日数の異なりを自動的に考慮するため、

1か月が30日の月でも手作業による修正の

必要がありません。

我々が用いているグレゴリオ暦は、月によって日数が異なることが時計職人にとって困難な課題となってきました。そして長い間、日付表示機能を備えた時計は、年に5回、日数が31日に満たない月の終わりに、手作業による修正を余儀なくされていました。

アニュアルカレンダー モデルは、月ごとの日数の異なりを自動的に考慮に入れて日付を表示します。しかしパーペチュアルカレンダーとは異なり、うるう年を含め、2月の日数を30日とみなすため、年に1回、2月の終わりに手作業による修正が必要になります。

筒車が毎日午前0時ごろに、歯車装置を介して日付表示機能を作動させます。月ごとの日数の異なりは、切り込みのない個所と深さの異なる切り込みをつけた個所を備えたカムによって考慮に入れられます。この補助的な日付送り機構 により、日数が30日の月は1日分多く日付を送ることが可能になるのです。

時計の中には、日付をメインの文字盤上に針で表示するタイプのものと、窓の中に表示するタイプのものがあります。

関連モデル アニュアルカレンダー

6670-1542-55B6670-3642-55B