トゥールビヨン パーペチュアルカレンダー

トゥールビヨンにパーペチュアルカレンダーの

際立った実用性を結びつけた、

複雑機構の“ごく自然な”組み合わせ。

回転運動により重力の影響を相殺することで時計の精度を高めるトゥールビヨン。それを補足する機構として、うるう年も含めて手作業による修正なしに曜日、月、日付を正しく表示するパーペチュアルカレンダー以上にふさわしいものが他にあるでしょうか?

このムーブメントの実現に際して、マニュファクチュール ブランパンの時計職人たちは、文字盤の下に配置するためのカムと歯車で構成された複雑な仕組みのあるパーペチュアルカレンダー機構を、文字盤の開口部から眺めることができなければならないフライングトゥールビヨンに組み込むという困難に挑みました。そしてこのような様々な部品をバランスよく組み合わせるための努力が実り、美しく調和の取れた時計が完成したのです。

2000年、ブランパンは8日間パワーリザーブを備えた自動巻きトゥールビヨン パーペチュアルカレンダー ウォッチを発表した、世界初の時計ブランドになりました。こうしてル・ブラッシュのマニュファクチュールは、手動による巻上げという、これら2つの複雑機構を搭載した時計の大きな難点をカバーしたのです。というのも、このような凝った時計をオーナーが毎日着用することはまずありえず、時計が停止して時刻合わせをするたびに、複雑なカレンダー機構を必然的に修正しなければならなかったからです。

自動巻きトゥールビヨン パーペチュアルカレンダー ウォッチを着用していない時でも、時計が機能し続けるようにするための最も容易な方法は、時計をワインディングマシンの中に入れておくことです。こうすることでオーナーは、カレンダーを常に正確な状態に保つことができ、いつでも時計を身につけられます。

関連モデル トゥールビヨン パーペチュアルカレンダー

4289Q-3642-55B4225-3642-55B