ウルトラスリム

精巧な技術とピュアな美しさのデザインが融合した

ブランパンのウルトラスリムウォッチは、

そのエレガントな魅力と製造に必要となる

技術的偉業によって、

他との違いが際立ちます。

計時の精度を保ったままでムーブメントの厚みを最小限に抑えることは、いつの時代にも時計職人たちにとっての最大の課題のひとつになってきました。ウルトラスリム ウォッチの開発により、ブランパンは見事なバランスの芸術的逸品を完成させています。

シンプルでエレガントな見た目の裏で、実はこの時計には思わず息を呑むほどスリムなムーブメントを設計するために克服しなければならなかった技術的難題が隠れています。ムーブメントは薄くなるほど壊れやすいため、その制作には熟練の技と最高レベルのノウハウを要するのです。

1925年にキャリバー21のための最初の研究を開始して以来、ブランパンの時計職人たちは、ウルトラスリムウォッチに絶えず新しく改良された技術を取り入れ、この厚さ1.73㎜のムーブメントをマニュファクチュールが誇るもののひとつに仕上げました。さらにはこのムーブメントに他の複雑機構を組み合わせることで、それぞれのカテゴリーで最も薄い時計創作への道を開いてきました。その中の一例となる、キャリバー21とメカニズム56の組み合わせにより誕生したヴィルレ パーペチュアルカレンダー ウルトラスリム レディスモデル(キャリバー5621)は、厚さ2.91㎜で、世界で最も薄い手巻きパーペチュアルカレンダーになっています。

関連モデル ウルトラスリム

6615-3631-55B6651-1127-55B6223C-1529-55A3300Z-3544-55B