トゥールビヨン

重力の影響を解消し、

時計の精度を向上させる複雑機構。

文字盤上の開口部から、この機構が

回転する様子を眺めることができます。

トゥールビヨンは、回転するキャリッジの中にテンプを収納することで、重力によって生じる歩度の誤差を解消します。トゥールビヨンを搭載した時計は、極めて高い精度を誇ります。

その振動が時計の精度を左右するテンプは、重力の影響を受けやすいものです。縦姿勢にあるテンプは、地球の引力によって振動が減速したり加速したりするため、時計の遅れや進みが生じます。トゥールビヨンを搭載した時計では、脱進機および時計の調速機であるテンプとヒゲゼンマイが回転するキャリッジの中に収納されています。これが1分間に1回転し、連続的にあらゆる縦姿勢を取ることで、加速や減速の影響が補正され解消されるのです。

1801年にA.-L.ブレゲが特許を取得したトゥールビヨンは、時計製造技術を代表する傑作のひとつに数えられており、これを製造することができるのは、ほんの一握りの職人に限られています。

1989年にブランパンは、キャリッジが微小なボールベアリングによって支え導かれるフライングトゥールビヨンを発表しました。この仕組みでは、視界を遮るものがなく、トゥールビヨンのキャリッジが完全に眺められます。

さらにブランパンは、トゥールビヨンを他の複雑機構と組み合わせたモデルを最も多く開発・発表した時計ブランドでもあります。たとえば、ル・ブラッシュのマニュファクチュールは、世紀の変わり目に世界初のトゥールビヨンとクロノグラフの組み合わせ、さらには同じく世界初の自動巻きトゥールビヨン パーペチュアルカレンダーと8日間パワーリザーブの組み合わせを発表しました。

1989年にブランパンは、キャリッジが微小なボールベアリングによって支え導かれるフライングトゥールビヨンを発表しました。この仕組みでは、視界を遮るものがなく、トゥールビヨンのキャリッジが完全に眺められます。

革新を続けるル・ブラッシュのマニュファクチュールは、世紀の変わり目に世界初のトゥールビヨンとクロノグラフの組み合わせ、さらには同じく世界初の自動巻きトゥールビヨン パーペチュアルカレンダーと8日間パワーリザーブの組み合わせを発表しました。

 

 

関連モデル トゥールビヨン

6025-3642-55B5025-1530-52A8825-1530-53B2825-4963-55B