カレンダーウィーク

現代のライフスタイルの制約に完璧に適した

この実用的な複雑機構は、

1年の第何週目に当たるかを表示します。

カレンダーウィークは、時計の文字盤上に1年の第何週目に当たるかを表示することで、スケジュールのプランニングを容易にします。現在では非常に人気のあるこの情報は、中央の針が文字盤の外周上に配された数字を指すことで表示されます。週数の表示は、日曜から月曜に移る午前0時に日付の表示と同時に変わります。

1から53までのナンバリングが、日付に関する公式規格では年間53週ある年もあるという事実を思い出させてくれます。2015年がこのケースに当たり、その後近い将来だけに限っても2020年、2026年と続きます。

日常生活での実用性を考えて設計された、カレンダーウィーク表示付きのブランパンの腕時計は、さらにラージデイト、曜日、パワーリザーブの表示も備えています。その上、週表示の修正は他の修正操作から独立しており、ケースに組み込まれた修正機構を用いて容易に行うことができます。

この革新的な複雑機構は、名高い時計製造の伝統を継承しながらも、現代のニーズに応えるものになっています

 

関連モデル カレンダーウィーク

2925-3642-53B2925-3630-53B8837-3630-53B8837-1134-53B