L-エボリューション トゥールビヨン ラージデイト ローター上パワーリザーブ表示

このページをシェアする

2009年に発表されて、L-レボリューション コレクションは あらゆる点で例外ずくめのモデルとともにシリーズ3年目を迎えます。このコレクションの末っ子はトゥールビヨンとラージデイトを備えているだけではなく、ローターの上に直接組み込まれた文字盤の上にパワーリザーブのインジケーションが表示されるものです。ブランパンにとっての新しい世界一の時計です!

一般に、パワーリザーブのインジケーションは時計の文字盤上かムーブメントのブリッジ側に表示されます。今年、ブランパンは未刊の第3のソリューションを提案します。パワーリザーブを独立したローター上に直接置かれた文字盤に表示するというものです。この新しい複雑機構は、2007年に特許を取得しその時から既に若干の変更がされましたが、ブランパンのR&Dチームの2年以上にわたる仕事の成果です。

ローター上へのパワーリザーブ表示の移行はオリジナルの複雑な構築によって可能になったもので、付属資料に詳細を記してあります。このソリューションによって、ローターはもはや巻き上げ動力の単なる仲介物ではありません。ローターは情報のサポートになり、文字盤上に他の機能要素の表示のため、あるいは単に審美的な理由のためのスペースを空けました。

7日間のパワーリザーブを表示するこのオリジナル装置はキャリバー・マニュファクチュア4225Gに収められています。ケースのサファイアクリスタルバックを通して見る事ができるこの新しいムーブメントは、ブランパン《フライイング》トゥールビヨンと2枚のディスクのラージデイト機能をも搭載しています。つやけしホワイトゴールドとつやけしレッドゴールドでご用意しているこのL-エボリューション トゥールビヨン ラージデイトには時計のケースと色を合わせたこのコレクション特有の文字盤が嵌められています。ラバーで裏打ちされたアリゲーター革のバンドはこの歴史に残る新型モデルに最高の使い心地を与えています。