ブランパンの社長兼CEO、マーク・A・ハイエクが彼のランボルギーニでADAC GT マスターズのタイトルを獲得

このページをシェアする

インディアンサマーのお蔭で夏のような気温を満喫しながら、33,200人の観客はスイス人ドライバー、マーク・A・ハイエクがドイツのホッケンハイムの伝説のサーキットに38台のレーシングカーを終結したADAC GTマスターズチャンピオンシップファイナルで表彰台の一番上に登るのを見ました。 

このスイス人レーシングドライバーはこの成功をパートナーであるオランダのピーター・コックス、またロイター・エンジニアリング・チームと分かち合いました。ランボルギーニ・ガヤルド LP600+を運転して、2人のドライバーは今季ひとりひとり順を追って最も高いレベルに届くように階段を登りました。この週末のレースの前に、タイトルの争奪はマーク・A・ハイエクとオリバー・メイヤー(ドイツ)の間で激しく競われており、実際にブランパンのCEOは12ポイントしか先行していませんでした。

このサーキットでの経験があるマーク・A・ハイエクは、フリートライアルにおいて、彼のドライビングスタイルと自身のマシンのために見つけた適正調節で集中しました。金曜日の予選の時には、彼はアマチュアカテゴリーでの最高タイムを叩き出し、後続に多くのプロドライバーを従えてその能力を見せ付けました。そうして彼はランボルギーニをポールポジションからわずか1.15秒差の8位に着けました。ピーター・コックスに関していえば、彼はスターティンググリッドの2列目の《ナンバー24》に到達することに成功ました。この結果は週末のレースへの良い前兆でした。

マーク・A・ハイエクは土曜日のレース時にはリスクのない戦略を選びましたが、彼のランボルギーニ・ガヤルド LP600+を損なわないためでした。レース30分経過で非常に迅速にドライバーチェンジをした後、ピーター・コックスは運悪くセバスチャン・アッシュのポルシェと接触しました。この接触事故で車がダメージを受け、ピーター・コックスが順位を上げることを阻みました。この様な条件にもかかわらず、ハイエク/コックスのコンビはアマチュアカテゴリー4位でレースを終え12得点を獲得しました。

日曜日のレースでは、ピーター・コックスは素晴らしいスタートを切り、マシンは4週目から3位に位置しました。マーク・A・ハイエクがハンドルを握ると、彼はライバルのポジションを知るために絶えずチームとコンタクトを取りました。彼はこうしてすばらしいレースの終盤を走り、1位で終わることができ、同時にADAC GTマスターの《アマチュア》カテゴリーで2011年のタイトルを獲得することができました。

マーク・A・ハイエク、ブランパンCEO兼社長:

「私はフリートライアルのときにマシンを完全に機能させることができ、それが予選で確信になりました。私は自分のパフォーマンスとスターティンググリッドのこのポジションに満足していました。ピーターもまた予選における第2レースで素晴らしいパフォーマンスをすることに成功しました。2つのレースがとても上手く行ったので、日曜の決勝戦の時には、勝利を確実なものにするために余計なリスクは冒しませんでした。
当然ながら私はチャンピオンシップを制することができて幸せで、ピーターに感謝したい気持ちでいっぱいです。なぜなら彼なしではなにも達成することができなかったからです。私はまたこのシーズンを通してマシンを整備するために並外れた働きをしてくれたハンス・ロイターと彼のチームに感謝したいです。
私は今から既に、ピーターと共にロイター・エンジニアリングの支援を受けて、2012年に私のタイトルを防衛することを約束します。」
 
ピーター・コックス:
「マークはこの週末に素晴らしいレースをして、その結果としてタイトルを獲得しました。彼は日曜のレースではまったくミスを犯さなかったし、シーズンを通してそうでした、本当におめでとう!このシーズンはとてもすばらしかったし、私はこの先も彼と一緒に走りたいと希望しています!」
 
ハンス・ロイター、ロイターエンジニアリング・マネージャー:
「マークとピーターはこの週末に素晴らしくスピーディーなレースを実現しました。このシーズンは全く並外れたもので、マークは正当にタイトルを獲得しました。予選の時には、彼は単に最速のドライバーのセカンドだったのですが。」