ニュルブルクリンク(ドイツ)でのブランパン・レース・ウィークエンド ラウンド 5

このページをシェアする

スリルとドラマに満ちた2013年シーズンを経て、ブランパン耐久シリーズとランボルギーニ・ブランパン・スーパー・トロフェオの最終戦が今週末、ドイツの伝説的なサーキットのニュルブルクリンクで開催されました。ブランパン耐久シリーズはわずか3シーズンでGT3選手権の基準となり、ドイツでの最終戦では50台以上が出場するなど、人気の高まりを見せています。

「ブランパン 1000」(名高いサーキットにて1000km / 最長6時間)は、2013年のチャンピオンたちを称えました。

2013年ブランパン耐久シリーズの結末は、興奮とスリルに満ちていました。HTPモータースポーツのマクシミリアン・バーク(ドイツ)は最高スコアの33ポイントを得て今季を終え、プロクラスのドライバー部門のチャンピオンとなりました。ベルギーのマルク・VDS・レーシング・チームはHTPメルセデスに次いで2位に着き、チーム部門のチャンピオンシップを獲得しました。ブークがマクシム・マルタンを追い詰め、そして追い越しタイトルを確定したレースの最後は驚くべきものでした。

ダブルタイトルの栄誉を得たのは、ニッサンGTアカデミー・チームRJNでした。同チームはPRO-AMチームタイトルを獲得し、GTアカデミーのゲーマー出身のルーカス・オルドネスは、PRO-AMクラスのドライバー部門のチャンピオンに輝きました。

ランボルギーニ・ブランパン・スーパー・トロフェオの最終レースでは、アンドレア・アミーチがシリーズ首位でエントリーしたセドリック・ライマーを追い抜き、PRO-AMカテゴリーで優勝を果たしました。AMカテゴリーでは、ライマーのチームメイトのローラン・ジェニーが、土曜日の第1レースで逆転不可能なアドバンテージを確保し、優勝を手にしました。オートヴィテス・ガラージュ・R・アフォルテのチームは、2013年オーバーオール・チャンピオンのタイトルを獲得しました。

2013年シーズンのブランパン耐久シリーズの最終戦が繰り広げられる間、ル・ブラッシュの工房ではさまざまなアクティビティが用意されました。VIPのゲストはグリッドウォークに参加し、レース・オフィスを訪問したほか、ランボルギーニでのVIPラップを楽しみ、ニュルブルクリンクのサーキットをじかに体験しました。