ブランパン・ライター・チーム、ドバイ24時間耐久レースでポールポジションを獲得

このページをシェアする

ブランパン社長兼CEO マーク・A・ハイエックとピーター・コックス、ニコ・プロンク、ベルンハルト・ミュラーがドライバーを務めるブランパン・ライター・チームがドバイ24時間耐久レースの予選タイムトライアルを制し、ポールポジションを獲得。ランボルギーニ ガヤルド LP-560 GT3のハンドルを握る4人の熟練ドライバーは、2011年1月14日(金)午後2時にスタートする本選に向けて、自らの根強い人気を誇示しました。

シーズンの開幕戦となるこのレースは、スイスのル・ブラッシュのブランパン・マニュファクチュールが新しくスポンサーを務める「ブランパン耐久シリーズ」を前にチームの真価が問われる一戦です。このような素晴らしい成績は、2011年シーズンの主力チームとしての実力を十分に知らしめる結果と言えるでしょう。