2012年スパ・フランコシャンにおけるブランパンの忘れがたい週末(ベルギー)

このページをシェアする

ブランパン耐久レース・シリーズの前哨戦になるスパの24時間にわたるレースが、この週末(7月28‐29日)にベルギーのスパ・フランコシャン・サーキットで開催されました。66台のGT3がオートレース・スポーツで最も渇望されるひとつのトロフィーを獲得せんがためにレースを開始しました。

ブランパンの社長兼CEOのマーク・ A・ハイエク、オランダのデュオ、ピーター・コックスとヨス・メンテン、そしてドイツ人アルベルト・フォン・トゥルン・ウント・タクシスとによって操縦されたブランパン・ロイター・エンジニアリング・チームのランボルギーニ LP600+はスパ・フランシャンの手ごわいサーキットにおける24時間のレースを 総合順位で11番という輝かしいポジションで終了しました。この結果はまた4人のドライバーをプロ-アマ・カテゴリーの第6番目のポジションに位置づけるものです。

スターティンググリッドには66台が集結しましたが、これは耐久レースの同一カテゴリーに一度に参加したGT車としては最多のものでした。レース開始から数時間続いた滝のような雨がドライバーとメカニシャンの任務を過酷なものにしました。危険なコンディションと多数の接触事故が安全面からのマシンへの介入を必要とし、幾度もレースを中断することになりました。

第7位での始動でプロ・アマ カテゴリーでは第3位であるピーター・コックスの運転するランボルギーニ LP600+は非常に良い滑り出しでした。黒色をまとい、24番は7時間のレースの後順位をトップにつけました。しかし運悪く車輪の故障を解決するためにピットにもどらなくてはなりませんでした。しかしながらレースの中盤には、ル・ブラッシュ・マニュファクチュアのカラーのこのスーパーカーは完全に追い上げ、クラス別でトップに返り咲くために戦いました。4人のレーサーはこのようにすばらしいパフォーマンスを実現し、彼らの操縦テクニックのクオリティを証明しました。

前回の場合と同じように、ベルギー、オランダ、ルクセンブルグのVIP招待客はランボルギーニ・ブランパン・スーパートロフェオ・ヴィレッジでブランパンの世界をあれこれと体験することができました。この週末、彼らはランボルギーニに乗り始めてコースに出てみたり、VIPディナーに出席したりしてユニークな経験を楽しむことができました。更に、招待客は時間計測室やレースの競技役員室を訪ねたりすることによってレースを内側から愉しむことができました。

ブランパンのVIPも名高い《グリッドウォーク》に参加する機会を持ちました。このユニークな時間に彼らに出発直前のマシン、ドライバー、メカニックのそばにあるスターティンググリッドにみなぎる興奮を強く感じることができました。この経験は、まるで有名なDJフェイスレスのパフォーマンスのように、確実にこの週末の印象的な思い出となるでしょう。