バーゼルワールド2011プレビュー

このページをシェアする

ブランパン、初のハーフタイムゾーン・ウォッチを発表

2011年、ブランパンは2010年に続き、ヴィルレ・コレクションに新たな息吹を吹き込もうと努力を続けています。ル・ブラッシュのブランパン・マニュファクチュールは、初のヴィルレ ハーフタイムゾーンの特別限定プレビューを行う予定です。このモデルは第2タイムゾーンを30分単位で調整できるのが特徴で、時差が30分刻みの国(たとえばインドなど)を旅する人にも、正確な時間をお約束します。

ブランパン初のデュアルタイムゾーンモデルであるこの時計は、非常にユーザーフレンドリーです。リュウズを数回回すだけで、日付、タイムゾーン、基準時などのすべての調節が行えます。リュウズの頭にあるプッシャーは、高速修正か30分の時差調整モードかを選択できます。特筆すべきは、基準時を修正すると自動的に第2タイムゾーンも修正されます

ハーフタイムゾーン機能のスムーズさや操作のしやすさは、ブランパンが創意工夫をして開発したキャリバー5254DFの威力が目に見える形として現れたものです。321個の部品で構成されたこの新型自動巻き機構のパワーリザーブは72時間です。12時位置に基準時を表示し、ハーフタイムゾーンの時刻と秒針は中央に、9時位置に基準時の昼/夜表示、6時位置に第2タイムゾーンの時刻に従って変わる日付、4時位置に日付変更(D)/タイムゾーン(F)が表示されています。この新製品はブランパンの驚異的なイノベーション精神を体現しており、2006年より続いているブランパンの画期的なムーブメントパレードに加わった最新の逸品だといえます。

ヴィルレ ハーフタイムゾーンは、レッドゴールドのハーフハンターケースにサファイアクリスタルのケースバックを組み合わせてあり、ムーブメントの緻密さやギョーシェ細工の美しいローターを眺めることができます。繊細なエンジンターン加工で模様を施したオパリン(乳白色)の文字盤にはレッドゴールドのインデックスが配されており、革製ストラップが取り付けられています。