フリーダイビングチャンピオンのジャンルカ・ジェノーニ、152 Mの深海まで潜水

このページをシェアする

フリーダイビングの新記録を15回以上も樹立したダイバーのジャンルカ・ジェノーニが、またしても人間の可能性の限界を拡げました。イタリアのポルトフィーノ近郊ゾアーリで、ジェノーニはフリーダイビング・モードで海面下152 mへと潜水し、この種目での新たな世界記録を打ち立てたのです。

2007年からイタリアのフリーダイバー、ジェノーニに協力しているブランパンは、この素晴らしい業績を誇りに思い、彼の類い稀なる離れ業を心から祝福するものです。今回のダイビングはジャンルカ・ジェノーニの優れた身体能力と技術を証明しただけでなく、新しい装置の深海での性能テストとしても成果がありました。ジェノーニは潜水の際、分速100 m以上が出せる世界最速の水中スクーターを使用したのです。加えて、ダイバーに不測の事態が起きた場合ただちに浮上させることができるよう、マレス社が開発した膨張式のライフジャケットのプロトタイプを着用していました。また、このタイプの潜水の安全性を高めるため、「ダイバーズ・アラート・ネットワーク」の専門家たちがジェノーニのダイビングを詳細に研究しました。

この超絶潜水の際、イタリア人アスリートはブランパンの“500ファゾムス”という強い味方を伴っていました。500ファゾムスはフィフティ ファゾムスの“ビッグ・シスター”(偉大な姉妹品)と言うべき超高性能ダイバーズウォッチで、スポーツ用としてまったく妥協のない設計が特徴です。防水性能は、100バール(1000 m)で、閉ざされた環境でのダイビングには不可欠なヘリウムエスケープバルブがついています。力強さに溢れたこの時計は、直径48 mmの艶消しチタンケースの中に、ブランパン・スポーツウォッチ専用に特別に設計された自動巻のキャリバー1315を搭載しています。厳しい条件が課せられるダイバーズウォッチという分野において、ブランパンは1953年のフィフティ ファゾムス発表以来着実に名声を築いてきましたが、500ファゾムスの性能と信頼性はそのブランパンの専門技術の高さを文句なしに再確認するものと言えます。